Community Cinema OsakaNPO法人コミュニティシネマ大阪
以下のイベントは終了しました。(2007年開催)
映画連続講座vol.5〜日本映画を関西から〜
日本を代表する映画人たちが、自作(または選りすぐりの一本)を上映しながら熱く語る「映画連続講座」第5弾!より作品世界への理解を深めるとともに、関西の映像文化の活性化を図る!!今回から新たに大阪歴史博物館を主会場に再出発する! 『何が彼女をそうさせたか』
●豊かな映画・映像環境を創造するために、各地で「コミュニティシネマ」活動が始まっています。大阪では、(財)大阪都市協会内に事務局を置き活動してまいりました。しかし、本年3月末に同協会は解散となり、新たに4月に非営利活動法人コミュニティシネマ大阪が発足。会場も大阪歴史博物館に変え、再スタートいたします。
●これまで4回行なってきた「映画連続講座」。映画に関わる人たちだけではなく、映画観客を育てていくことを目標に、「映画連続講座 vol.5 〜日本映画を関西から〜」を開催いたします。
●講師は、京都を拠点に映画を創ってこられた野村惠一監督、映画の復元に奔走される大阪芸術大学教授の太田米男さん、日本屈指の映画技術者集団だった大映京都の名キャメラマン・森田富士郎さん。自作、または選りすぐりの作品を上映されながら、熱弁をふるわれます。映画を志す人はもとより、映画への理解をより深めたい皆様、ぜひご参加ください。
スケジュール 講師紹介
9月23日(日)pm.1:30
「名匠たちの演出術」講師:野村惠一(映画監督)

野村惠一(映画監督)野村惠一(映画監督)
1946年京都生まれ。68年大映京都撮影所に助監督として入社。三隅研次、森一生、山本薩夫監督などに師事。大映倒産後、フリー。88年『森の向こう側』で監督デビュー。『真夏の少年』(91年)、『ザ・ハリウッド』(98年)、『二人日和』(05年、フランクフルト「第5回ニッポン・コネクション」グランプリ受賞)と生まれ育った京都を舞台に、寡作ながら着実に作品を発表。最新作は野村監督が小津安二郎監督ゆかりの蓼科高原の秋に触発され、小津監督が仕事場として使った蓼科の別荘「無藝荘」を舞台に撮影を敢行した『小津の秋』(9月29日からシネ・ヌーヴォで公開)。

10月14日(日)pm.1:30
「大阪と映画」講師:太田米男(大阪芸術大学教授)参考上映『何が彼女をそうさせたか』

太田米男(大阪芸術大学教授)講師:太田米男(大阪芸術大学教授)
1949年京都生まれ。京都市立芸術大学在学中から、シナリオライター依田義賢に師事。大阪芸術大学映像学科創設時のカリキュラムに参画。カメラマン宮川一夫、森田富士郎の勧めで、映像京都や勝プロでの撮影現場を体験。近年、ロシアで発見された「何が彼女をそうさせたか」の復元に携わったのを機に映画復元に関心を持つ。大阪芸術大学藝術研究所共同研究「玩具映画および映画復元・調査・研究プロジェクト(TOY FILM PROJECT)」の立ち上げ、昨年より「映画の復元と保存に関するワークショップ」を主宰。京都映画祭企画委員、コミュニティシネマ大阪理事など。

『何が彼女をそうさせたか』『何が彼女をそうさせたか』
1930年/製作=帝国キネマ演芸(長瀬撮影所)/80分/ビデオ上映
監督・脚本:鈴木重吉/原作:藤森成吉  〈キネマ旬報ベストテン第1位〉
主演:高津慶子、藤間林太郎、 牧英勝、浜田格ほか
貧農の少女が流転する様を描いた傾向映画の傑作。大阪の帝キネ長瀬撮影所で製作され大ヒット。キネマ旬報第1位に輝く。長らく"幻の映画"とされてきたが1994年にロシアで70年ぶりに発見され、字幕構成で補完して復元した貴重な作品。ドイツのギュンター・A・ブーフバルトのオリジナル曲での伴奏付き。
10月28日(日)pm.1:30
「映画撮影40年今昔〜特殊撮影の原点」講師:森田富士郎(撮影監督)

森田富士郎(撮影監督)講師:森田富士郎(撮影監督)
1927年、京都府生まれ。47年大映京都入社、62年『山男の歌』でデビュー。『大魔神』(66年)により三浦賞受賞。大映倒産後フリーとなり、映像京都設立に参加。今日まで撮影した映画は60本以上。勝新太郎や市川雷蔵主演の数々の作品を撮影、また女優陣からも絶大な信頼を博すなど、日本映画界屈指のキャメラマンである。『陽暉楼』で日本アカデミー賞撮影賞。他に『金閣寺』(76年)、『序の舞』(84年)、『利休』(89年)、『藏』(95年)など。今回は、日本で初めてブルーバックを使った撮影である『大魔神』撮影時についてのお話を中心に展開する。

目的 映画文化への理解を深め、明日を担う人材、映画観客の育成など、
関西の映像文化の活性化を図ることを目的とし、映画に興味を持つすべての人たちを対象に開講。
内容 作品上映と講義・意見交換
参加料 3回券3600円、1回券1500円
参加資格 学歴、性別、年齢は一切問いません。
募集人員 各回60名(先着順)
会場 大阪歴史博物館地図 会場/大阪歴史博物館・4階第1研修室
 (地下鉄谷町線・中央線
 「 谷町四丁目駅」9号出口前)
 大阪市中央区大手前4-1-32
 TEL.06-6946-5728
申込方法 シネ・ヌーヴォまで、電話・FAXでお申し込みください(当日可)。参加料は受講当日にお支払いいただきます。
お問い合わせ・お申し込み Tel.06(6582)1416 Fax.06(6582)1420(シネ・ヌーヴォ)
主催 NPO法人コミュニティシネマ大阪、大阪歴史博物館
協力 コミュニティシネマ支援センター、(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)
※スケジュール等々におきまして、やむをえない事由により変更する場合もございます。 あらかじめご了承ください。   このページのトップへ
community cinema osaka all rights reserved